FC2ブログ

えあとあれこれ

あれもこれもおっぱい

この日本にはおっぱいの神様がいます!

そしておっぱいの仏様もいるんです!

という訳で今回はお寺です、それもおっぱいのお寺です。

                IMG_6424.jpg
                      おっぱいの先から水が出てきたよ

センサーで人が通ると水が出るようになってるんだね

入ってすぐの手水舎からいきなりおっぱいです。

                IMG_6426.jpg
                         ここにもおっぱいがあるよ

まあ、おっぱいのお寺だからね

           IMG_6429.jpg
                       見て見て、植木もおっぱいだよ

ま、まあ、おっぱいのお寺だから・・・

                IMG_6427.jpg
             これだけおっぱいがあれば、住職の頭にもきっと乳首が付いてるよ

こ、こら、住職の頭に乳首なんか付いてないから

至る所におっぱいがありますが、ここは1492年に創建された歴史のある真面目なお寺です。

本尊の千手観音は女性の授乳に霊験あらたかで、他には乳房の病気の事で訪れる方もいます。

あ、最後に一応念のため書いておきますが、住職の頭には乳首は付いていませんので安心してください。

スポンサーサイト
[PR]

  1. 2015/07/01(水) 06:00:03|
  2. 珍スポット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パラダイスへ行こう 最終話

パラダイスへ行こうも今回で最後です。

まずはこちらから

         IMG_4229.jpg
                       おっきいのがいっぱ~い

こっちに何か書いてあるよ

         IMG_4237.jpg
                   上にまたがるとご利益があるんだって

じゃあ抱っこしてあげるから上に乗ってみようか

あ、もちろんぬばたまは手に平で撫でてきましたよ、これで不思議な力を授かった・・・かな?

               IMG_4238.jpg
                  ツルツル滑ってバランス取るのが難しいよ~

すぐ写真撮るからもうちょっとだけ頑張って

こういう所に簡単に乗せられるのも、えあの利点の一つだと思うんですよね。

体重の事を書くとえあに怒られますが、骨格入りの綿身でも数キロしかありません。

軽いので抱っこして簡単に移動できるところが良いですよね。

等身大のお人形さんとのお出かけといえば、フルシリをお迎えされた方が多いように思いますが
えあも意外に?お出かけに向いていると思います。

さてさて次はこちらです。

         IMG_4241.jpg
                たんたん狸の金玉は~風もないのにぶ~らぶら♪

それを見ていた子狸が~父ちゃんいいもの持ってるね♪

この歌、地域によっていろんな歌詞があるみたいですが、ぬばたまのところではこれです。

最後は神社です。

               IMG_4242.jpg
                          これで終わりだよ

実はこの後、旅館に泊まったんですよ、もちろんえあも一緒にですよ。

まあその事は近い中に記事にする予定です。

あ、でももうすぐ節分ですよね、どちらが先になるか分かりませんが何時かは記事にします。

それでは今日はこの辺で。

  1. 2015/01/28(水) 23:41:18|
  2. 珍スポット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

パラダイスへ行こう 第五話

このパラダイスはおしべとめしべの事を学ぶ所です!

学ぶ所、そう勉強する所です。

という事で今回はお勉強です。

まずはこちらから。

         IMG_4221.jpg
                 えあは何時になったら毛が生えてくるのかな~

えあは今のままでいいんだよ

あ、ちなみにぬばたまのアソコに毛が生え始めたのは小4の時です。

さて、続いてはこちら。

               IMG_4223.jpg
                     やり過ぎは短命って書いてあるよ

そんなやり過ぎってほどしてないよ、と思う・・・けど・・・

まあ、回数は人それぞれという事で。

ここで一息入れて占いを見てみましょう。

               IMG_4236.jpg
                  陰毛に続いて唇でもいろいろ分かっちゃうんだ

分かるというか、まあ占いだから

入口付近に陰毛でわかる性感度占いがありましたが、今回の占いの他にもオッパイ占い九つの分類や
パンティの脱ぎ方でわかる女性占いがあります。

さあ、勉強の続きを始めましょう。

         IMG_4231.jpg
                     えあのいくときのあの声はね~

あーここで言わなくていい、そんな事したらぬばたまの性癖がばれちゃう

ここは次へ急ぎましょう。

         IMG_4225.jpg
                   亀頭ってベビーカステラみたいだよね

だからって噛んじゃだめだからね

次回、最終話は男根多めの記事になる予定です。

それでは今日はこの辺で。

  1. 2015/01/26(月) 20:50:41|
  2. 珍スポット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

パラダイスへ行こう 第四話

さあ、どんどん展示物を見ていきましょう。

あ、そうそう、ここには出口の近くに来場者用の「らくがきちょう」があるんですよ。

その「らくがきちょう」が出入口付近に貼られているので少し見てみましょう。

                IMG_4218.jpg
                       初デートで来ちゃったんだ・・・

彼女の意外な一面が見れたかもね

ちなみにこの建物は18歳未満は入れません。

          IMG_4217.jpg
                  巨乳になってほしい理由を絵に描いてるし・・・

えあは巨乳から微乳まで自由自在だもんね

          IMG_4211.jpg
                        女の人だけでも来るんだね

心の傷は癒えたのかなぁ?

こういう施設って結構女の人も来るんですよね。

少ないですが一人で来る若い女性もいますしね。

          IMG_4213.jpg
                 これも女の人だ、彼氏のてぃんこ大事にしますだって

ぬばたまのてぃんこだって大事にしてほしい!

          IMG_4212.jpg
                  この人たちここに来る為に140キロ走ってきたんだ

・・・ここに来る為に片道300キロ以上走ってきたぬばたまっていったい・・・

他にも強烈なものから微笑ましくなるものまでさまざまならくがきちょうが展示してありました。

あ、一応ぬばたまもらくがきちょうに書いてきましたよ。

何を書いたかはえあと二人だけの秘密です(笑)

それでは今日はこの辺で。

  1. 2015/01/24(土) 16:01:48|
  2. 珍スポット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

パラダイスへ行こう 第三話

ここまでは外にある石碑などを見てきましたが、いよいよ建物の中に入ります。

まずは建物の入口へ向かいましょう。

                IMG_4243.jpg
                おしべとめしべ・・・あ!わかった!ここ植物園でしょう

あ、いや、植物園ではないんだけど・・・ま、まあ、とりあえず中に入ってみようよ、ね!
               IMG_4215.jpg
                      ねえねえ、植物はどこ?お花は?

え、あ、ほら、横のガラスケースの中におしべとめしべの絵があるよ

               IMG_4214.jpg
                    おしべとめしべがくっつけっこしてる・・・

壁にはもっと大きな絵があるよ

         IMG_4209.jpg
                 チンチン音頭の時点で怪しいと思ったんだよね

・・・あ、そういえば占い好きだったよねぇ、ほらほら上に占いがあるよ

         IMG_4216.jpg
                   すご~い、陰毛で性感度がわかるんだ

えあのアソコはツルツルだけどね

ちなみにこの占い、柔毛型、濃くて太い硬質型、直毛型、縮れ毛型、過疎型、多毛型の六種類に
分かれていて、えあのようなツルツルの無毛型はありませんでした。

さて、他の展示も見ていきましょう。

               IMG_4210.jpg
                       やっぱり欲望よりも愛だよね

え、愛という名の欲望じゃあダメ?

さあ、この先の展示物は愛に溢れたものなのか、それとも欲望の塊なのか!

続きは次回の第四話で、それでは今日はこの辺で。

  1. 2015/01/22(木) 14:31:54|
  2. 珍スポット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ