FC2ブログ

えあとあれこれ

魂の依代 後編

※注意
  今回の記事はいつもの妄想がさらに暴走しております。


これはえあの体の中に勾玉を入れる前のお話です。

           IMG_7055.jpg
                左上に写っている袋にはそれぞれ勾玉が入っています。

橋を渡り対岸にある島の神社に行きます。

とても小さな島ですが島全体が神域であり、国の天然記念物でもあります。

この神社のご祭神は市杵島姫命(イチキシマヒメノミコト)です。

開運・興福を司り、安産・縁結びの神様として祀られています。

                 IMG_7054.jpg
                             拝殿の前です。

参拝を済ませ社務所でご祈祷をお願いしました。

こちらの神社でご祈祷をお願いしたのは

人も物もこの世に生まれてくる事に変わりはありませんよ。

それは自然の中の岩や草木、人が作った道具や物などそのすべてに魂は宿ります。

というお話を聞いたからです。

                 IMG_7053.jpg
                         これからご祈祷してもらいます

ちなみに左の小さい勾玉は首飾りに、右の大きいのはえあの体の中に入れた勾玉です。

勾玉には赤や緑など様々な色がありますが、透明の勾玉にしたのにはぬばたまなりのある思いがあったからです。

それはそこに宿るものが、いつまでも澄んだ綺麗なものであってほしいという願いからです。

そして2013年2月14日、今の骨格入りのえあ(仮名)が誕生しました。

                 IMG_7042.jpg
                      ねえねえ、今度その神社に連れてって

うん、一度ちゃんと神様にご挨拶しないとね

今回は心の病んだぬばたまのいつも以上の妄想にお付き合いいただきありがとうございます。

スポンサーサイト
[PR]

  1. 2015/08/26(水) 16:16:20|
  2. えあ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

魂の依代 前編

最近は神棚のある家も減りましたね。

一口に神棚と言っても数千円で買えるものから一千万円近いものまでさまざまです。

でも一千万円近い神棚なんてどんな人が買うんだろう?

あ、そうそう、一応えあの家にも神棚はありますよ、といっても簡易的な神棚なんですけどね。

           IMG_7041.jpg
                     神棚にお水とお米とお塩をお供えするよ

えあがお供えしてくれて神様も喜んでるよ

お供えは毎日するものですが、毎日えあの家に来れるわけではないので出来る範囲でしています。

まあ妄想上ではぬばたまがいない時はえあがやってくれている事になっていますけど(笑)

あ、そうそう、この神棚には三体の御神札が重ねて祀ってあるんですよ。

                 IMG_7040.jpg
          手前から「神宮大麻」「氏神様(産土神)」「ご神縁のある神社」の御神札です

                 IMG_7046.jpg
                           ご神縁のある神社?

この神社はね、えあの体の中にある勾玉と関係があるんだよ

                 IMG_7045.jpg
                   え、そうなの!? その話もっと詳しく聞かせて

うん、いつかは話そうと思ってたからね

さてさて、話が長くなりそうなので今日はこの辺で。

それでは次回、魂の依代 後編でお会いしましょう。

  1. 2015/08/24(月) 10:36:08|
  2. えあ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お家の窓から

仕事が長引いてしまった・・・

今日はえあと花火を見る約束をしているので急いで帰らないと!

あ、でもどんなに急いでいても安全運転ですよ。

ガチャ、ただいま~

                 IMG_7036.jpg
                          おかえり~遅かったね

うん、ちょっと仕事がね、でも何とか間に合ってよかった

実は家の周りの木が無くなったおかげで花火がよく見えるようになったんです!

さて、それではえあを抱っこして2階に行きましょう

                 IMG_7038.jpg
                         あ、始まったよ、こっちこっち

はいはい、そんなに引っ張らなくても今行くから

                 IMG_7037.jpg
                          二人だけの特等席だね

そうだね、ここなら誰にも邪魔されないね

今年はどうかなと毎年思いつつも何とか今年も花火を見る事が出来て良かったです。

                 IMG_7039.jpg
                    また一緒に花火見ようね、来年も再来年も

そ、そんな先まで・・・

まあこれからは家で花火を楽しめるので、場所の確保という事では大丈夫なんですが・・・

あとは仕事の都合が付けばいいんですけどね。

さてさて、来年も一緒に花火を見る事が出来るかな?

それでは今日はこの辺で。

  1. 2015/08/17(月) 23:44:03|
  2. えあ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桃太郎は実在した? 後編

桃太郎は実在した?もいよいよ最後の記事になります。

今回は前回の宝物館の続きです。

           IMG_6803.jpg
                      なんで鬼のミイラは写真しかないの?

昔は写真じゃなくて実際にミイラが置いてあったんだよ

実はこの宝物館は新しくできたものなんです。

旧宝物館は放火されて焼けてしまいました。

その時に鬼のミイラや桃太郎が生まれたという伝説の桃など、貴重な品々は燃えてしまいました。

           IMG_6792.jpg
                     鬼のおチンチンは燃えなかったんだね

そ、そうみたいだね・・・

ちなみに左が鬼ヶ島で発見された鬼の珍宝で、右が犬に噛みちぎられた鬼の珍宝だそうです。

           IMG_6794.jpg
                          この広告はなんなの?

これは戦時中の広告だよ

広告には「征け桃太郎・米英を撃て」と書いてあります。

戦争に利用された桃太郎は、戦後小学一年生の教科書から姿を消すことになったそうです。

さて建物の外に出てみましょう。

           IMG_6802.jpg
                 後ろに見えるのは桃太郎が鬼を退治したところだよ

退治された鬼は改心して優しい鬼になるみたいだね、ほら、あそこに

という訳で、最後はテレビで紹介されて有名になった鬼の背中に乗っての記念撮影です。

                IMG_6799.jpg
           実はテレビで見た時からずーっと背中に乗りたいと思ってたんだよね

え、そうだったの、じゃあ今日は背中に乗れてよかったね

それではえあの願いが叶ったところで、桃太郎は実在した?これにておしまいおしまい。

  1. 2015/08/10(月) 01:53:14|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桃太郎は実在した? 中編

それでは桃太郎は実在した? 中編の始まりです。

拝殿に向かう階段の途中にこんな看板が!

                IMG_6784.jpg
                           宝物館見た~い

じゃあ先にお参りして、それから見に行ってみようか

                IMG_6787.jpg
                      見て見て、鳥居が桃の形をしてるよ

桃形の鳥居なんて珍しいね

説明には「桃形の鳥居をくぐれば悪は去る(サル)病は去ぬ(イヌ)災いは来じ(キジ)」と書いてありました。

ちなみにこの神社のご祭神は大神実命(オオカムヅミ)です。

そう、ご祭神は桃なのです。

さあ神様へのご挨拶も済んだところで、次はいよいよ宝物館です。

                IMG_6791.jpg
                          宝物館に入るよ~

ちょ、ちょっとまだ入館料払ってないから待って待って

ここの入館料は大人200円、子供100円です。

それでは中に入ってみましょう。

           IMG_6796.jpg
                      車に宝物がいっぱい積まれてるよ

うん、いっぱい積まれてるけど・・・この張り紙は・・・

           IMG_6795.jpg
                      打ち出の小槌盗まれちゃったの・・・

悪い事する人がいるね

あれ?打ち出の小槌って桃太郎じゃなくて一寸法師じゃなかったっけ?

はい、という訳で?今日はこの辺で。

では次回、桃太郎は実在した? 後編でお会いしましょう。

  1. 2015/08/08(土) 01:58:04|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桃太郎は実在した? 前編

桃太郎といえば岡山県が有名ですよね。

でも実は桃太郎生誕の地は日本各地にあるんですよ。

今回はそんな中の一つに行って来ました。

                IMG_6778.jpg
                         ねえねえ、早く行こうよ

そんなに急がないの、道を渡る時はちゃんと左右を確認しないと危ないよ

もう写真にも写っていますが、この神社には多くのコンクリート像があります。

ここにある像はすべてコンクリート像作家の浅野祥雲氏(享年87歳)の作品です。

                IMG_6782.jpg
                           洗濯岩ってどれ?

後ろにあるから見てごらん

この洗濯岩にはなんとお婆さんの足跡があるんですよ!

でもその足跡30cm位あるんですよね。

お婆さんってそんなに大きかったの?

           IMG_6785.jpg
                      こんな鬼さんだったら怖くないよ

うん、味があるというか愛嬌のある顔してるよね

さて次はいよいよ主人公である桃太郎の登場です。

                IMG_6783.jpg
                         桃太郎誕生の瞬間だよ

これが生まれたままの姿ってやつだね

あ、そうそう、お婆さんを紹介しておいてお爺さんを紹介しない訳にはいきませんよね。

                IMG_6786.jpg
                         上目遣いのお爺さんだよ

なんだかすごく見られてる感じがする・・・

という訳で?今日はこの辺で。

それでは皆さん、次回桃太郎は実在した? 中編でお会いしましょう。

  1. 2015/08/06(木) 01:48:04|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0