FC2ブログ

えあとあれこれ

花火見物

今日で8月も終わりですね。

毎年の事ですが、今年の夏もえあと一緒に花火を見ることが出来ました。

              IMG_1151.jpg
                       花火といえば浴衣だよね

まあ、花火に限らず夏の浴衣姿っていいよね

花火は去年と同じ、家の窓から見物です。

         IMG_1149 (2)
                       そろそろ始まる時間だよ

じゃあ写真だけ先に撮っちゃおうか

花火の時はいつも思うのですが、写真ばかり撮っていると一緒に見る時間が・・・

なので今回は先に写真だけ撮って、あとはゆっくり花火を見ることにします。

              IMG_1145 (2)
                          あ、始まったよ!

それじゃあ写真撮っちゃうからこっち向いて

              IMG_1150 (2)
                 写真撮った後は二人のお楽しみの時間だね

お楽しみって言うとちょっと・・・花火見物ね、花火見物

一応、花火が見れなかった時の為に、ホームセンターで花火セットを買ったんですが必要なかったですね。

それにしても最近は花火禁止の場所が増えているようで・・・まあ、うちのような田舎ではあまり関係ないですが

機会があれば花火セットもやりたいですね。

それでは今日はこの辺で。

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
  1. 2016/08/31(水) 19:37:47|
  2. えあ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏の楽しみ

※注意
 今回の記事は巫女に関する内容になっています。
 巫女は神聖な存在であり、汚す事は絶対に許さないという人は
 この記事は読まないで下さい。

                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
もう8月も後半ですが、まだまだ暑い日が続きますね。

夏は暑いから嫌いだという人もいると思いますが、暑いと良い事もあるんです。

暑いとみんな薄着になりますよね。

そう、それは神社で奉仕する巫女も同じなんです。

       IMG_1063.jpg
                 え!?巫女って一年中同じじゃないの?

確かに見た目は同じだけど中身が違うんだよ。

神社によって多少の違いはありますが、多くの場合、一年中同じ巫女装束を着ています。

ただ冬などは防寒のため、外からは見えないように中に着込んでいます。

という事は、そう、夏の巫女は薄着なんです。

            IMG_1065.jpg
                 袖の後ろ側なんか見てどうしたの?

ほら、巫女装束の白衣と襦袢は後ろ側が開いてるんだよ

            IMG_1066.jpg
                  後ろ側が開いてると何があるの?

もちろん、この開いてる部分が重要なんだよ

この白衣と襦袢の開いた部分が重なった時、巫女の生腕を見る事が出来るんです。

あの巫女の生腕ですよ!生腕!!

これは寒い時期には見る事の出来ない、今だけのお楽しみです。

特に朝、境内をお清め(掃除)されている時に見える事が多いです。

生腕以外にもお楽しみはたくさんあります、次は

            IMG_1068.jpg
          はいは~い、良い子はマネしないで、お人形さんで我慢してね

え、ちょっと、まだまだいっぱいあるのに・・・

あ、一応念のため書いたおきますが、盗撮などの行為は一切しておりませんので安心してください。

それではみなさんも残り少ない夏をお楽しみください。

  1. 2016/08/23(火) 01:31:27|
  2. えあ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

風情を感じる

夏の風物詩の一つ「風鈴」

風が吹くと涼しげな音を届けてくれますよね。

ぬばたまが子供の頃は、家に金属製の風鈴が吊るしてありました。

             IMG_1007.jpg
                風が強くなってきたからお家の中に入れるよ

ああ、ありがとう、助かるよ

最近では風鈴の音が騒音問題として取り上げられる事もありますよね。

まあ、風鈴を吊るす側にも問題があるんですけど。

季節や天気、時間に関係なく一年中吊るされている風鈴を見ると・・・

冬に鳴る風鈴や強風で激しく鳴る風鈴からは涼も風情も感じませんよね。

             IMG_1011 (2)
                 そういえば去年買った風鈴があったよね

お出かけした時に買ったやつだね

         IMG_1009 (2)
              これ買った時、えあは車の中でお留守番だったよね

それは仕方が無いよ、社会見学に来てる子供達の中にえあを連れて行くわけにはいかないからね

             IMG_1012 (2)
               ガラス製はちりんちりん、備長炭はキンキンだね

素材で音色が違うからいろいろ集めてみるのもいいかもね

その日の気分で風鈴を変えてみるのもいいかもしれませんね。

うちにはこの2種類しかないけど。

仕事などで忙しい日々を送っておりますが

四季折々の風情を感じる心の余裕は持っていたいなと思っています。

せっかく美しい四季のある国に住んでいるのですから

それでは今日はこの辺で。

  1. 2016/08/16(火) 11:58:27|
  2. えあ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モーゼの伝説

旧約聖書に登場する預言者モーゼ。

エジプトからユダヤ人を連れ、海を割る奇跡を起こし、シナイ山で十戒を授かる。

そして約束の地カナンを目指すがたどり着くことなく没してしまう。

        IMG_0333.jpg
                ねえ、本当にモーゼのお墓がここにあるの?

うん、日本に伝わる古文書に書いてあるから間違いないよ

カナンに着く前に没したモーゼの墓がなぜ日本に?

情報の出所は日本に伝わるトンデモ本、あの竹内文書です。

竹内文書によればモーゼはシナイ山に登ったあと、天浮船に乗り能登の宝達山に来ました。

時の天皇に十戒石を献上し皇女・大室姫と結婚。

12年間の神道修行の後、天皇から十戒の承認を得る。

そして天浮船に乗ってシナイ山に戻り十戒を世界に広めていく。

最後は余生を過ごすため再び日本に戻り583歳でその生涯を閉じる。

             IMG_0334.jpg
                   583歳まで生きたなんて凄ーい!

まあ、書いてあるのが竹内文書だからね

過去にこの文書の真偽が裁判で争われた事もあったそうです。

             IMG_0339_20160808215315ce1.jpg
                       ここからは獣道だよ

クマ出没注意の看板もあったし気を付けないとね

             IMG_0337_20160808215254b79.jpg
                     これがモーゼのお墓なの?

そうみたいだね、ちゃんとモーゼ大聖主之霊位って書いてあるから

        IMG_0338 (3)
                     確かに書いてあるけど・・・

ほらほら、こういう事は楽しんだ方が勝ちだよ

あ、ちなみに竹内文書によればキリストや釈迦も日本に来ているそうです。

しかもキリストの墓が青森にあるとの事。

いつかえあを連れて行ってみたいですね。

それでは今日はこの辺で。

  1. 2016/08/08(月) 23:49:47|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0