FC2ブログ

えあとあれこれ

弱体化を狙う

風光明媚な千本松原の景色

        IMG_3016 (2)
                  千本松原の横を大きな川が流れてるよ

尾張(愛知)、美濃(岐阜)、伊勢(三重)を流れる木曽川・揖斐川・長良川、いわゆる木曽三川だね

宝暦3年(1753年)幕府より薩摩藩に治水工事の命が出る。

その内容は、工事費用の全額負担と労働力としての藩士の派遣。

翌年の宝暦4年(1754年)家老の平田靱負は総勢947名の藩士を引き連れ薩摩を出発。

現地では藩士は一ヶ所にまとまる事を禁じられ、食事は一汁一菜、酒と魚は禁止

物品は全て幕府指定のものしか買えず、価格も高かったという

            IMG_3012 (2)
       御祭神は平田靱負正輔大人命(ヒラタユキエマサスケウシノミコト)だよ

家老の平田靱負が祀られてるんだね

工事開始直後から幕府の嫌がらせが始まる、藩士への罵倒や完了した工事のやり直しなど

屈辱に耐え切れず50名以上の藩士が腹を切るが、幕府への批判ととられるのを恐れ

全て「腰のもの」による事故死として報告された。

        IMG_3014 (2)
                 境内には治水工事の説明版があるよ

小さい子にも分かり易いように書いてあるね

宝暦5年(1755年)40万両以上の費用と80名以上の犠牲者を出し工事は完了

平田靱負は多大なる費用と多くの犠牲者を出した責任を取り割腹

薩摩藩士が命懸けで行った工事も美濃(岐阜)と伊勢(三重)では知られているが

尾張(愛知)ではほとんど知られていません。

それは尾張(愛知)には徳川御三家の一つである尾張徳川家があった為

江戸時代初期には御囲い堤があり大水から守られていたから

そういえば千本松原の日向松も全て薩摩から運んできたものだそうです。

        IMG_3015 (2)
                    松の赤ちゃんがいっぱいだよ

薩摩から来た松の二世だね

約250年前に運ばれてきた松は今も大切にされています。

それでは今日はこの辺で。

スポンサーサイト
[PR]

  1. 2017/02/24(金) 23:13:01|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<その身を捧げる | ホーム | 食べ過ぎかな?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://airkore.blog.fc2.com/tb.php/263-2880dc2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)